税金 支払えない

消費税の税金が支払えない場合

私たちがサービスを受けようとする際に大抵の場合は消費税という税金が課税されることになりますが、昔は消費税が無く制度が設立してからは3%から5%、そして8%と随時引き上げられる状態が続いており、今度も消費税が下がることは無くても上がることは大いにあり得ます。

 

会社に勤めている場合は消費税のことを考えることはほとんどないと思いますが、事業主になると消費財は頭を抱える問題になることも多く、課税が義務付けられている年収1000万円以上のところの中には消費税の税金が支払えないという場合もあります。

 

通常だと消費税は消費者から国に支払うべきお金を会社が預かるというお金であり、会社が独自に支払うべきお金ではないので、所得税や住民税と違って本来なら税金が支払えないということはないのですが、現実では売上金と一緒に管理されることが大半です。

 

そのため、預かっている消費税を資金繰りに利用することによって決算時に預かっていた消費税が無いという理由から税金の支払い負担が増えるというもので、他の支払う税金などと併せると負担が一気に増えてしまう可能性があります。

 

そうならないためにも日頃から消費税の管理はきちんとしておく必要性がありますが、年収1000万円前後の事業をしている場合は消費税の支払いをしなくて良いように従業員を委託契約するなどして外注費用を経費として決算する方法などがあります。

 

また、税金が支払えない場合はそのまま滞るのではなく必ず税務署や税理士などに相談をしてどのように問題解決をするかアドバイスを貰うようにしましょう。

 

ちなみに消費税はいろいろある税金の種類の中でも滞納額が非常に多くなっており、従来なら消費者から預かるお金であり、きちんと管理していれば国民健康保険や住民税、所得税と比べて負担が少ないはずです。

 

この背景には中小企業が赤字運営を強いられているところが多いというのが理由としてあり、消費税の税率上昇は消費者に負担が増えるだけでなく本来消費税を預かる立場である企業側の負担も大きくなることが想定されます。

 

自分で商売をしている場合に慣れてくるまでは税金の種類の多さから請求される金額に驚くことも多いと思いますが、そこで多額の借金を作ってしまうとその後の運営にも影響するようになります。

 

そのため、費用はかかってしまいますが税理士などに仲介してもらって税金の管理をしてもらうことを最初のうちは特におすすめします。