税金 支払えない

国民健康保険の税金が支払えない場合

日々の生活を送る中でいろいろなところで税金を支払うことがありますが、意識をして支払っているケースもあれば、全く意識することなく支払っていることもあり、その差は特に会社員と自営業をしている人で差は大きくなります。

 

会社員の場合は会社側が納税の義務をきちんと果たせるように必要な税金は給料から差し引いて支払してくれるところがほとんどですが、これが自営業をしている人になると自分で確定申告をして支払う必要があるお金を納税するという形になるため、常にどこか納税をしなければいけないという意識が付いて回ります。

 

その中でも特に負担が大きく税金が支払えない状態になるきっかけとなりやすいのが国民健康保険で、会社で加入している場合は社会保険の中で差し引かれているため意識することはあまり無いかもしれませんが、会社勤めだと会社が半分負担してくれるので負担そのものも収入から考えて少なくなっています。

 

しかし、国民健康保険になるとすべての負担を自分が背負うことになるので、どうしても負担というのは増加してしまうことになりますが、去年の収入が参考にされるので無職になった年などは負担が大きくなり、収入が無い状態が継続しているなら税金の支払いそのものが厳しいことも想定されます。

 

また、国民健康保険は個人が加入するものではなく世帯が加入する保険になっているので、子供が多い家庭だとそれだけ保険の負担料は増加してしまうことになるので、収入がそこまで多くなくても月々5万円近い支払が必要になるようなこともあります。

 

しかし、国民健康保険に加入していないと病院で治療を受ける際に莫大な費用がかかってしまうことになり、自分が支払っているお金によって健康保険が運用されていることを考えると支払う金額が高くてもきちんと納税する必要はあります。

 

ただし、いくら支払う気持ちがあっても手元にお金がないことにはどうにもならないので、その場合は税金が支払えない旨を自治体に相談して分割払いや税金の減額が受けられないか相談するようにしましょう。

 

絶対にしてはいけないのが支払うことができないからといって滞納することで、ペナルティが科せられるだけでなく信用情報にも傷が付くことになりますので気をつけてください。

 

また、自営業だと確定申告できちんと申告をして経費は別にしておかないと莫大な税金が課税されてしまう可能性があるので、税金の仕組みを理解して確定申告するようにしましょう。