税金 支払えない

税金が還付される場合

日本に住んでいるとさまざまなところで税金を支払う必要がありますが、その中でも特に負担が大きいのが事業をすることや生活をする上で自動的に発生するお金で、収入に応じて支払う必要性がある所得税や自治体に籍を置くことによって発生する市民税、病院で高額な医療費を軽減するために必要な国民健康保険などがあります。

 

いずれも収入に応じて支払う金額が変わるという点では共通していますが、住民税や国民健康保険に関するお金については前年度の収入が考慮されることになるため、離職した年や前年度は調子が良く、今年度になって売り上げが急激に落ちてしまう場合などは負担が増える可能性があります。

 

その結果、税金が支払えないという状況に陥ってしまう場合があります。

 

税金の種類によっては必要な手続きをすることによって還付を受けることができる場合もあるので、還付を受けられる場合はそのお金を支払えない税金の支払いに充てることによって滞納の問題を解決できることがあります。

 

事業をしている人の中には発注先からお金を貰う際に所得税などを差し引いた上で収入を得ているというケースもあると思いますが、所得税があらかじめ引かれている場合は支払い過ぎているお金がある可能性があり、確定申告時に源泉徴収と併せて申告することによって税の還付が受けられます。

 

この場合、必要経費などを差し引いてからの計算になるので確定申告をする場合にかかった経費はこまめに申告をして少しでも税金の負担を軽減するようにしましょう。

 

また、前年度の収入によって税率が変わる国民健康保険や住民税というのも必要経費が差し引かれた収入から税金が計算されるため、いかに必要経費の申告で純収入を少なくするかというのが負担を減らす上で大きなポイントになります。

 

個人事業の場合だと自分ですべて計算をして確定申告をするという人も少なくないと思いますが、慣れないうちはどこまで経費にしていいか分からず、本来なら経費に出来るところを遠慮して経費にしないこともあります。

 

それによって税金の負担が増大してしまい、支払えないという状態に陥ってしまうことも少なくないので、事業を始める前にきちんと支払うべき税金の種類や概要を調べて対策を考えておくことも大切です。

 

また、慣れない間は税理士に依頼をして管理をしてもらうというのも方法の一つで、プロにしてもらう方が安心して確定申告を進めていくことができて手間もそれだけ省けます。