税金 支払えない

納税義務からは逃れられない

私たちが日本という国で生活する以上、【教育】【勤労】【納税】の三つが国民の三大義務とされています。教育を受けること、仕事をする事、税金を支払うことですね。

 

納税することによってローカル経済を円滑にする働きや国レベルで景気を調整する材料にもなるのです。

 

税を納める

また、地域が発展するためには税収入は必須項目となっていて、特に市民税や県民税などの市民税や所得税、消費税などは貴重な財源なのです。日本では収入が多い人ほど税負担が大きくなり、反対に収入が少ない人ほど税負担が小さいという特徴があります。

 

お金持ちには厳しい国といえるかもしれませんが、富裕層に支えられて国民の生活が成り立っている側面はあるのできちんと納税の義務を果たすことは生活するうえで必須項目になります。

 

しかし、納税の仕組み的に収入がないのに一時的に税負担が大きくなってしまうというケースなどがあり、支払うつもりでいてもお金が無いという理由から税金が支払えなくなって、滞納してしまうという人が多いのも現状です。

 

特に仕事を辞めた後や、個人事業者として仕事を始めた際に、住民税の仕組みが分からずに税金が支払えないという状況に陥ってしまうのです。特に前年度の収入が良かった場合には前年度の収入に依存して納税額が算出されるので負担は増大してしまいます。

 

支払えないからと言って税金を滞納してしまうのは厳禁で、ほおっておいても支払いの義務というのが消えることはなく、金利が付帯されるといったようなペナルティを受けてしまうのです。

 

稀に、引越しすることによって支払えない住民税などの税金の支払い義務がなくなると思って、引越しをするという人もいるのですが、引越しをしても無駄でいつまでも支払いの催促が届くようになります。納税の義務から逃れることはできません。

 

税金が支払えないまま放置していると、財産を差し押さえるなどのペナルティを受ける可能性も高いです。税金の場合は裁判所の許可なく給料などの財産を差し押さえることができますからね。

 

ですので、お金が無くて税金が払えない時は個人向けのカードローンでお金を借りて支払うようにしましょう。

 

カードローンですと金利はかかりますが、今のカードローンは利息制限法内の低い金利に設定されていますし、給料や車といった財産を差し押さえられることを考えると借りてでも支払っていた方が賢い選択といえますからね。

 

 

 

支払いにおすすめのカードローン

 

アコム 即日融資可能で30日間無利息!

アコム
給料日になれば返すことができるといったような、短期間のうちだけ税金の支払いのために借りたいという時はアコムを利用するといいかと思います。アコムは30日間無利息ですから30日間は利息を支払わなくていいのです。

 

また、急いでお金を支払わなければいけないという人も、アコムならば最短でその日のうちに融資をしてくれるので大丈夫です。銀行営業時間ならば銀行振り込みもいけますし、土日や祝日、銀行営業時間外でも無人契約機でその日のうちにカードを発行してもらえます。まずはネットで申込みしてください。

 

≫アコムの申し込みはこちら

 

住信SBIネット銀行 圧倒的な低金利設定!

住信SBIネット銀行
ネットバンクである住信SBIネット銀行は全体的に低金利設定の銀行の中でも圧倒的な低金利設定となっています。その金利は1.99%〜7.99%という低金利設定ですからね。

 

限度額が300万円までならば収入証明書の提出も必要ありません。借り換えローンとしても使えるので、複数ローンを利用しているという方は、この際まとめてしまってもいいかもですね。
≫住信SBIネット銀行の申し込みはこちら

 

みずほ銀行 専業主婦の方も借り入れ可能!

みずほ銀行
みずほ銀行は超大手銀行なので安心感抜群です。初めてお金を借りるという人ならば、安心感のある銀行の方が借りやすいと思うので、不安のある方はみずほ銀行で借り入れするといいですね。

 

このみずほ銀行の特徴として専業主婦の方でも借入することができるというのがあります。専業主婦の方は総量規制によって借りられないところが増えましたが、みずほ銀行カードローンなら審査のうえ利用することができますよ。
≫みずほ銀行の申し込みはこちら

 

分割払いのお願いをする方法

 

いくら払わないといけないお金だと分かっていても貯金が全くなく収入が無い人はお金を払うことはできないので、税金が支払えない場合は自治体に相談をして適切に対応するためのアドバイスを貰うようにしましょう。

 

自治体に相談することによって分割払いなどにしてもらうことが可能です。

 

税金が支払えなくなった場合に大抵の自治体では分割払いにしてから支払うようにしますが、分割にすることによって一気に支払う場合と違って負担を減らしながら確実に支払いを進めていくことができます。

 

一気に高額な金額を支払うのは厳しいですが、分割にして1回の支払金額を少なくすれば支払っていける可能性が高くなりますからね。

 

住民税については仕組みが分からず、自宅に支払い請求書が届いても無視してしまうことで金利の支払いがプラスされるなどのペナルティを受けてしまっていることもがあります。

 

しかも、滞納を続けてしまっていると催促だけではなく財産の差し押さえなどの措置を取られる場合があります。

 

そうなると住んでいる住宅や車などを失うことにもなり兼ねないので、支払うことができないと分かった時点できちんと自治体の税務課に相談する必要があります。

 

分割払いで支払う場合は自治体から支払う金額を指示される場合もあれば、反対に自分でどれくらいの金額なら確実に返済することができるという金額を提示して、その金額を毎月の返済額に設定できることもあります。

 

住民税や国民健康保険は国で大まかにルールが決められているものの、細かい課税や税金控除などについてはローカルルールが定められている場合が多く、住んでいる地域によってかなり税額が変わることがあります。

 

どちらにしても支払わなくてもいいというものではありませんので、分割払いにしてもお金が無くて支払えないという場合は、上記で紹介したような個人向けのカードローンから借りる必要があるかと思います。